架空の支払い請求にご注意ください。

最近、当社と同一もしくは類似した社名や商号を使った業者が、「債権譲渡を受けた」「インターネット利用料金の滞納について訴訟準備期間に入った」「未公開株の清算による返還金がある」等の内容で、電話やメールで不当に金員を請求するケースが多く見られます。

このような手口に十分ご注意ください。

■当社と同一もしくは類似した社名を使った、悪質な請求行為の事例

  • (1) 「債権回収の委託を受けた」「インターネットサイト料金を滞納している」「法的手続きに移行する」等の内容のメールが届く。
    ⇒ 当社ではインターネットサイト料金等は取扱っておりません。したがって、その回収業務を行うこと,もしくは他社に委託することはございません。
    ⇒ また、以下のショートメッセージサービス(SMS)を除き、メール等でお支払いのご案内を差し上げることはございません。
    お送りする可能性のあるショートメッセージの送信元電話番号
    <NTTドコモ・auの場合> 
    049-239-3322

    048-640-6681

    <ソフトバンクの場合>    
    0032069000 詳しくはこちら
    SMS(ショートメッセージサービス)の取扱いについて
  • (2) 連絡先として携帯電話番号を指定する。
    ⇒ 当社では連絡先に携帯電話番号を指定することはございません。
  • (3) 振込先として個人名義の口座を指定する。
    ⇒ 当社では振込先に個人名義の口座を指定することはございません。
  • (4) 夜9時以降(朝8時まで)に連絡が入る。
    ⇒ 当社では夜9時以降、朝8時までの時間にご連絡を差し上げることはございません。

当社は、法務大臣の許可を得た債権管理回収会社であり、このような悪質業者とは一切かかわりはございません。
万一、上記のような不審な電話やメールがございましたら、最寄りの警察署や消費者生活センターへご一報いただきますようお願い申し上げます。
また、ご不明な点がございましたら当社にご連絡ください。

[直近の不審メール事例]

発生時期
2020年1月上旬頃~
概要
当社のサービシングセンターを名乗り、ショートメッセージサービス(SMS)にて返電を依頼するメールを送付。連絡先に固定電話を指定。

※当社サービシングセンターを装った不審メールが不特定多数の方に送信されております。
サービシングセンターでは一部の業務でSMSを利用したお客さまへの連絡を実施しておりますが、以下の電話番号以外への折り返しをお願いすることはございませんので、ご注意ください。

当社発信のSMSに記載の折り返し電話番号 049-239-3322

当社のSMS取扱いについてはこちら・・・SMS(ショートメッセージサービス)の取扱いについて

[直近の不審メール事例]

発生時期
2019年12月上旬頃~
概要
当社の南関東支店を名乗り、ショートメッセージサービス(SMS)にて、インターネット利用料金の請求をするという内容のメールを送付。連絡先に固定電話を指定。

※このような不審メールが不特定多数の方に送信されています。
当社とは一切関係ありませんのでご注意ください。

[直近の不審メール事例]

発生時期
2018年9月下旬頃~
概要
法務省認定の督促状として「日本債権回収株式会社」を名乗り、インターネットサイト料金の未納の件として請求する内容のメールを送付。メールにはURLが記載されアクセスする様に誘導。

※このような不審メールが不特定多数の方に送信されています。
当社とは一切関係ありませんのでご注意ください。

※法務省、消費者庁のホームページもご参照ください。

〈お問い合わせ窓口〉
お客様相談室 TEL 03-3222-0328(受付時間 9:30~17:30)

※土曜日・日曜日及び祝日・年末年始は翌営業日以降の対応とさせていただきます

日本債権回収株式会社