ニュース

2007年10月

住信SBIネット銀行との業務提携について

日本債権回収(JCS)は、この度、住信SBIネット銀行(東京都港区、田中嘉一社長)と住宅ローン債権の受託業務で提携しました。
今回の提携については、個人債権のサービシング業務において豊富な経験とノウハウを持ち、一層の取扱の拡大を目指すJCSの狙いと、インターネット上で幅広いサービスを提供し住宅ローンの業容の拡大を目指す住信SBIネット銀行の狙いが一致し実現したものです。
提携の特徴は、住信SBIネット銀行が住宅ローン債権の管理回収業務をアウトソーシングすることにより業務負荷の大幅な軽減・効率化を図ることができ、遅延債権の受託に関する一連のスキームを構築したものです。
JCSは今後とも得意分野である遅延債権の受託・債権の買取業務において提携先のニーズに応じたスキームの構築を進めていく方針です。

<< ニュースリリースに関する問合せ窓口 >>
日本債権回収株式会社
事業推進室
電話:03-3222-0282

日本債券回収株式会社

このページを印刷するニュース一覧へ

ページ上部へ