ニュース

2007年8月

日本酒造組合中央会の債権管理回収業務を受託

日本債権回収(JCS)は日本酒造組合中央会(東京都港区;辰馬章夫会長)と提携し、全国の蔵元(清酒製造業者)向け貸付債権の管理回収業務を受託しました。
日本酒造組合中央会は現在、清酒製造業者が酒造業貸金等を金融機関から借り入れる際の債務保証をしており、万一支払いに延滞が発生した場合は金融機関に代位弁済を行っております。
今回の提携により、同会は代位弁済後の求償債権の回収業務をJCSに委託することで債権管理回収に係わる業務から開放されるほか、業務負荷の大幅な軽減・効率化が図られることになります。
JCSは全国ネットの店舗網を有し経験豊かなアセットマネージャーを多数配置しており、お客様の状況を把握した上でカウンセリングによる問題解決型のサービシング手法を取り入れていることが日本酒造組合中央会に評価されました。

<< ニュースリリースに関する問合せ窓口 >>
日本債権回収株式会社
事業推進室
電話:03-3222-0282

日本債券回収株式会社

このページを印刷するニュース一覧へ

ページ上部へ